設備管理部 金井 良太

幅広い知識と経験が身につく世界へ

気さくな感じの会社見学にひかれて

田町にある専門学校で電気を専攻していた私は、担任の先生から「同じ田町でこんな会社があるよ」と紹介を受けたのが始まりでした。歩いて行けるところなので早速連絡を入れると、会社見学をさせて頂けるというので気楽な気持ちで伺いました。

対応していただいた社員の方が、とても気さくに管理物件を案内してくださり、いろいろなお話を伺えました。帰り際に「もし気に入ったら受けて見たら」と声を掛けられ、こんな先輩がいる会社なら楽しく仕事ができそうな予感がして、応募することにしました。

幅広い知識と現場での経験を積みながら

私の仕事は、安田倉庫が持つビルや倉庫ビルの設備管理全般です。ビル管理と言っても学校で習った電気の知識だけではなく、機械、設計などの幅広い知識の吸収が必要になってきます。安田倉庫の倉庫ビルの中には、自動倉庫(AS/RS)ビルもあり、ビルの管理というよりは機械設備の管理という感じの仕事もあります。また、空調ひとつとってもビルよって仕様は様々ですから、ビルひとつひとつの設備の特長や種類を把握するだけでも大変でした。

そして、特長や種類の把握だけではなく、過去の点検や修理履歴まで頭に入っている必要があります。そうでないと、いざというときに適切な判断ができないケースがあるからです。ですから、初めのうちは先輩社員の方のあとにつきながらひとつひとつ教えていただき、頭に叩き込むことから始めました。ビル全体を把握し、なおかつ幅広い専門知識を得て少しずつ経験を積み重ねていくことで自信をつけ、対応力を付けてきました。何か問題が起きたときでも、何が原因で起きたのか問題の切り分けをして、専門業者さんにピンポイントで指示やお願いができるようになってきました。そこに自分の成長を実感できています。

チームワークで対応

設備管理という仕事は、何か起きないためのきちんとしたメンテナンス計画とその実行と現場でのしっかりした確認作業の上に成り立っています。何も起きないことが普通という仕事です。ただ、ビルも人間の体と同じで、どこかおかしい時は予兆があります。その予兆を普段の定期メンテナンスで把握し、さらに大変な事態にならないよう提案することも大事な仕事のひとつです。

安田エステートサービスでは、どんな時でもチームで考え、チームで動くことを基本としています。何か予兆を見つけたら一人の判断で対応するのではなく、チームに持ち帰り、先輩や上司の指示を仰ぎ対応していくことを基本としています。緊急時も全く同じ対応です。一人で問題を抱え込んだり、悩んだりすることはありません。会社として的確な判断のもと対応できるチームワークが組まれています。そこは、新入社員で入社した方にも大いに誇れる会社の風土だと思います。

いろいろな職種にチャレンジも可能

一通り設備管理の仕事を覚え、だんだんと自分の強みも分かり始めました。どちらかというと職人肌というよりは、お客様の話を聞き提案することに喜びを感じる方かもしれません。今まで設備管理を通じて得てきた経験を別の職種でも大いに活かせる気がしています。それだけ自分に自信を持ち始めたのかもしれません。安田エステートサービスは、そんな自分の才能が活かせる世界を探すにはもってこいの会社だと思っています。